日光街道

日光街道の敷設の目的は日光東照宮への歴代将軍の参詣です。日本橋から宇都宮までの道程は奥州街道と共通であった。この区間にはもともと古道奥州道があったが、日光街道の開通とともに日光街道と称されるようになった。

徳川幕府の将軍家が日光参詣する折には、江戸城下の本郷追分から日光御成街道を通るのが通例であり、幸手宿までの区間は日光街道は使われていません、また小山宿以北は日光街道だけでなく、日光西街道(壬生通り)および日光例幣使街道を経て日光へ至る経路も用いられています。

日光街道を2010年11月から12月にかけて歩きました。


ウォーキングデータを示します。

日程 日付 宿場 歩数 距離
一日目 11月15日 日本橋~粕壁 59,044歩 41.3Km
二日目 11月25日 粕壁~古河 51,596歩 36.1Km
三日目 11月29日 古河~石橋 52,624歩 36.8Km
四日目 12月05日 石橋~徳次郎 50,647歩 35.5Km
五日目 12月06日 徳次郎~鉢石 37,025歩 25.9Km

宿泊施設、かかった費用を示します。質素な旅でした。

日付 宿泊費 飲食費 雑費 宿泊施設
11月15日 2,000 2,370
11月25日 620 3,570
11月29日 260 4,500
12月05日 3,980 2,225 3,220 スーパーホテル宇都宮
12月06日 1,490 3,430
3,980 6,595 17,090 合計27,665

日光街道の脇街道については別ページでまとめています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中