身延路

身延路は現在の国道52号にほぼ一致するおよそ80kmほどの道のりです。河内領を縦断しているので河内路(かわうちじ)と呼ばれていました。 駿河に通じる道であることから「駿州(すんしゅう)往還」とも呼ばれ、駿河側からは「甲州(こうしゅう)往還」と呼ばれていました。身延山久遠寺に参詣人が通る道でもあったために、「身延路(みのぶみち)」と呼ばれています。

IMG_3759

起点の甲府相生から甲斐の国を南下し、万沢宿を過ぎると駿河に入ります。万沢宿からの道筋には次の3通りがありました。興津へ至るもの、岩淵に至るもの、由比まで行くものです。今回は興津へ至る路を歩きました。

旅の日程を以下に示します。

日程 日付 宿場 歩数 距離
一日目 6月16日 甲府〜身延 56,000歩 44.36km
二日目 6月17日 身延〜興津 68,000歩 50.40km

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中