房総往還:姉ヶ崎~青堀

 房総往還とは船橋で佐倉道と分岐して、木更津を経て安房(館山)方面に達する道です。房総往還の呼名は正式名称ではなく道標には「上総道」「木更津道」「房州道」と記されているそうです。

 房総往還を姉ヶ崎から袖ヶ浦、木更津、君津と工場地帯を歩きました。君津製鉄所は端から端まで50分かかりました。でも所々に富士塚や地蔵像がありました。

IMG_1659

歩きながらのつぶやきをGooglemapsにマッピングしました。

房総往還 2013-12-11

房総往還、第二日目スタートします。 (@ 姉ケ崎駅 (Anegasaki Sta.)) 4sq.com/19AbL2t
posted at 07:45:08

街道復帰します pic.twitter.com/61VK65qON1
posted at 07:50:51

「あねがさき」の名は、神々の物語に由来します。 志那戸辨命(しなとべのみこと)・志那都比古命(しなつひこのみこと)の姉弟神が この地で待ち合わせをした所、姉神の志那戸辨命が先にやってきたという伝説から 「姉前」の地名が生まれました。
posted at 07:59:04

稲荷神社 pic.twitter.com/WRCybP4T2s
posted at 08:03:58

発電所かな? pic.twitter.com/CFnemRmLaJ
posted at 08:05:21

八坂神社のイチョウが枯れてます。 pic.twitter.com/Eo3izJ4dZg
posted at 08:07:55

瑞安寺 pic.twitter.com/9OhGzQjpm1
posted at 08:12:55

化学プラント pic.twitter.com/zv6gjdpbWO
posted at 08:23:23

「袖ケ浦」の名は、日本武尊が相模国から東征の折り、走水を渡る際に大時化にあい、妃の弟橘媛が海中に身を投じて海神の怒りを鎮め、尊の渡海を助けた。 そこから妃の袖が流れ着いたという言い伝えが生まれ、「袖ケ浦」という由緒ある名が付いたと言われています。
posted at 08:37:53

これは? pic.twitter.com/hIJioJmyco
posted at 08:43:07

大本山 幸運の光 pic.twitter.com/4nmsz9WIs0
posted at 08:45:45

踏切を渡ると小さな祠があります。 pic.twitter.com/WWxG2WY7RR
posted at 08:58:46

車が通らない道は立派な歩道があります(^^;; pic.twitter.com/l1N7hHwSkJ
posted at 09:09:58

長浦駅のスポーツセンター pic.twitter.com/00GUkSYtLR
posted at 09:14:50

ガンダム pic.twitter.com/sBASn2zwxu
posted at 09:22:05

不動明王と出羽三山供養塔 pic.twitter.com/BdqWBYeU6Z
posted at 09:38:23

石仏群 pic.twitter.com/Ox0rxeiq7E
posted at 09:42:04

地蔵像 左江戸道 右かみ??道 pic.twitter.com/ZnBPvAuWB5
posted at 09:54:30

福王神社 pic.twitter.com/54XAtltJFm
posted at 10:05:07

喜光院 pic.twitter.com/j2MrY3t02x
posted at 10:07:01

トイレを借りました。 (@ 袖ヶ浦市立中央図書館) 4sq.com/18Al967
posted at 10:20:51

満蔵寺 pic.twitter.com/CSF0uVPSNZ
posted at 10:33:00

満蔵寺前の地蔵像 pic.twitter.com/Y6YCUBtCWH
posted at 10:33:58

小櫃橋 pic.twitter.com/jS4qZlIFWB
posted at 10:41:16

アクアライン通過 pic.twitter.com/hQqSixe4dg
posted at 10:50:11

高柳八幡宮 pic.twitter.com/BBnzhi96JD
posted at 10:57:48

しるこ入ります。それ程寒くはないが季節ものなので。 pic.twitter.com/KctBdbawtX
posted at 11:25:35

飛行機が2機、並行飛行。 pic.twitter.com/vOB1YtYDGR
posted at 11:35:30

地蔵像 pic.twitter.com/RoYJQHt1sd
posted at 11:37:55

無縁墓の供養菩薩像 pic.twitter.com/JB2vMgHk8v
posted at 11:44:35

久留里線 長須賀踏切 pic.twitter.com/IMXvc7aXVJ
posted at 11:48:31

日枝神社 pic.twitter.com/yrpQclT2Gh
posted at 11:53:22

富士塚 pic.twitter.com/TO0JCpW1d1
posted at 11:54:52

第二館山街道踏切 pic.twitter.com/827H6K8TYR
posted at 12:15:20

木更津紹介 pic.twitter.com/iUq4Kd3Bb0
posted at 12:20:24

「木更津」という地名の由来について、如月の津が転じて木更津になった、木足らずが訛り木更津になったと諸説あるが、一般的には倭建命(日本武尊)伝承の一説、君不去(きみさらず)が元になっているというのが通説です。
posted at 12:21:52

千擇寺 pic.twitter.com/SvlFN0j54R
posted at 12:25:03

八剣八幡宮 pic.twitter.com/Qas7C3S75g
posted at 12:30:30

厳島神社 pic.twitter.com/w7tTJik3iE
posted at 12:31:55

延命寺 pic.twitter.com/mYtBqe7Iye
posted at 12:43:40

厳島神社 pic.twitter.com/u6tqDA9B3v
posted at 13:05:39

君津の製鉄所をパノラマで pic.twitter.com/ibGLC0y413
posted at 13:35:08

「君津」の地名の由来ですが、日本武尊の東征の際、海上で暴風雨になり、妃の弟橘が身代わりに入水し、風雨を弱めました。この時「君去らず 袖しが浦に立つ波の その面影をみるぞ悲しき」ということばを残し、この「君去らず」が「木更津」や「君津」の地名の由来といわれています。
posted at 13:36:39

巨大な煙突 pic.twitter.com/iDyVicdZ7r
posted at 13:49:53

正門前。端から歩いて23分くらい。 pic.twitter.com/3Jdy1NCvxc
posted at 13:58:12

道路の左は緩衝林 pic.twitter.com/5iqA2TW8vl
posted at 14:02:55

道標 左 ?ふ津道 右 きさら?津道。蛇のようなものは? pic.twitter.com/9EiM4UZclN
posted at 14:18:12

正門から24分で小糸川 pic.twitter.com/zDnfZT6ceT
posted at 14:23:24

青堀温泉 pic.twitter.com/gf23BmT6qy
posted at 14:26:22

大堀神明社 pic.twitter.com/CTGHr7ImLV
posted at 14:29:40

青堀駅前、街道離脱 pic.twitter.com/S9rRXUdCQY
posted at 14:36:34

ゴール pic.twitter.com/vddLVpI34V
posted at 14:46:44

Runkeeper17kmで止まりました。4万歩なので28kmくらい。 (@ 青堀駅 (Aohori Sta.)) 4sq.com/1f60NFZ
posted at 14:56:42

少し早い時間ですが、ここで切上げます。富津岬を経由して次の駅まで行くと15kmほどあり7時ごろになってしまいます。

広告
カテゴリー: 房総往還 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中